男性ホルモン補充療法

更年期障害は性ホルモンの欠乏で起こる病気ですが、従来女性だけに起きるもので男性は起きないと考えられていました。

最近になって更年期障害は男性にも起こることがわかりました。
女性は平均52歳で更年期を迎えると同時に女性ホルモン欠乏状態になるため、肩凝りやほてり等の症状が現れます。男性の場合は女性に比べると、そんなに急激では有りませんが、男性ホルモンの量は60歳を過ぎると20歳の頃の半分またはそれ以下に減ってしまいます。

最近どうもやる気が出ないとか夜よく眠れなくなったとか、ほてりや多汗、性的能力の低下等
年のせいだから仕方ないと思っていることが、男性更年期障害による症状かもしれません。

つい最近まで男性ホルモンを補充すると前立腺癌を発生させると言われて殆ど使われませんでした。しかし最近の抗加齢医学の研究で男性ホルモンの補充で前立腺癌になることは無いことがわかりました。しかし現在前立腺癌治療中の方、高度の前立腺肥大の方はこの治療は禁忌です。男性更年期障害を疑い男性ホルモン補充療法を希望する方は先ず血液検査でフリーテストステロン(男性ホルモン)値、PSA(前立腺癌マーカー)値を調べます。その値を見て理想的な男性ホルモンレベルになるように男性ホルモン注射をします。

料金

  • エナルモン125mg / \1,300(税抜き)
  • エナルモン250mg / \2,500(税抜き)

EPARKDoctor

お知らせ

2017年9月 】

9月23日(土)祝日は休診日です。

契約健康保険組合、企業の健康診断を承っております。健診内容や金額見積もり等は電話でご相談ください。(巡回健診可)

※インターネット予約は、個人健診(所属なし)のみです。(電話予約も可)企業、健保組合のご予約は電話でお申込みください。

林クリニックは渋谷区区民検診の指定医療機関です。ご利用ください。(区境のため最寄駅は新宿駅です

禁煙外来は夕方のお仕事帰りでも診察可。ご相談ください。(院長の診察日のみ)

CT検査のご相談、ご予約承ります。まずは、お電話ください。

内臓脂肪検査は当日結果をお渡しできます。(院長の診察日のみ)お問い合わせください。

東振協の二次精密検査は完全予約制です。必ずお電話でご予約ください。(検査は夜間不可)    

医院概略

医院名林クリニック
所在地〒151-0053
東京都渋谷区
代々木2-10-8
ケイアイ新宿ビル8F
TEL03-3370-5100
FAX03-3370-0140