女性ホルモン補充療法

女性ホルモン補充療法について

日本女性は平均52才で閉経を迎えます。

それまで女性の体を若く健康に維持してきた女性ホルモンが閉経により無くなってしまうので更年期以降は女性の体が老人の体へと変化して行きます。

女性ホルモン補充療法により閉経後の老化現象を停止させることができます。しかし、2003年に米国の婦人科学会より長期間の女性ホルモン補充療法は乳癌発生の危険度が高まるという報告がなされました。 日本人と欧米人とは体質が異なるのでこの報告をこのまま適応する必要はありません。日本婦人科学会でも更年期障害の治療として、女性ホルモン補充療法は有効かつ安全であると発表しました。しかし、年1回の乳癌健診は大切です。

女性ホルモン補充療法の方法

皮フから吸収する天然型卵胞ホルモンを2日に1回使用します。

料金

費用は健康保険適応で1ヶ月 1,500円位です。

EPARKDoctor

お知らせ

2017年8月 】

8月10日(木)~16日(水)夏の休診日

契約健康保険組合、企業の健康診断を承っております。健診内容や金額見積もり等は電話でご相談ください。(巡回健診可)

※インターネット予約は、個人健診(所属なし)のみです。(電話予約も可)企業、健保組合のご予約は電話でお申込みください。

林クリニックは渋谷区区民検診の指定医療機関です。ご利用ください。(区境のため最寄駅は新宿駅です

禁煙外来は夕方のお仕事帰りでも診察可。ご相談ください。(院長の診察日のみ)

CT検査のご相談、ご予約承ります。まずは、お電話ください。

内臓脂肪検査は当日結果をお渡しできます。(院長の診察日のみ)お問い合わせください。

東振協の二次精密検査は完全予約制です。必ずお電話でご予約ください。(検査は夜間不可)    

医院概略

医院名林クリニック
所在地〒151-0053
東京都渋谷区
代々木2-10-8
ケイアイ新宿ビル8F
ヘッダー03-3370-5100
ヘッダー03-3370-0140