林クリニックは2020年4月(木)をもちまして閉院致します。長い間、受診頂きありがとうございました。

5月7日より、医療法人社団

東信会が引き続き診療を続けていきますので宜しくお願い致します。

※これまでの診察、健康診断、産業医、注射を始めとする自費診療も変わりなく実施致しますのでご安心下さい。

https://shinjuku-cl.jp/

ここに文章を入力してください

女性ホルモン補充療法

女性ホルモン補充療法について

日本女性は平均52才で閉経を迎えます。

それまで女性の体を若く健康に維持してきた女性ホルモンが閉経により無くなってしまうので更年期以降は女性の体が老人の体へと変化して行きます。

女性ホルモン補充療法により閉経後の老化現象を停止させることができます。しかし、2003年に米国の婦人科学会より長期間の女性ホルモン補充療法は乳癌発生の危険度が高まるという報告がなされました。 日本人と欧米人とは体質が異なるのでこの報告をこのまま適応する必要はありません。日本婦人科学会でも更年期障害の治療として、女性ホルモン補充療法は有効かつ安全であると発表しました。しかし、年1回の乳癌健診は大切です。

女性ホルモン補充療法の方法

皮フから吸収する天然型卵胞ホルモンを2日に1回使用します。

料金

費用は健康保険適応で1ヶ月 1,500円位です。

お知らせ